睡眠について

こんにちは。

みなさまは普段の生活でしっかりと睡眠は取れていますでしょうか?

正しい睡眠は脳や体を休めるだけのものではなく、ダイエットにも大きく関わってきます。

本日は睡眠についてお話いたします。

なぜ睡眠がダイエットと関わってくるのか?

これは寝てるときに「成長ホルモン」が分泌されることが要因となっています。

成長ホルモンについてはホームページに詳しく記載していますので是非ご覧ください。

成長ホルモンは、脂肪燃焼、筋肉増量、糖新生の促進効果があり、低糖質やトレーニング効果をさらに引き上げることができます。その他にも疲労回復、ストレス緩和、やる気集中力アップ、コラーゲン繊維の形成、免疫力アップと生活や健康にとっても様々な良い働きをしています。

また成長ホルモンは睡眠する時間帯、睡眠時間、睡眠の質で分泌される量が変わってきます。

特に成長ホルモンが多く分泌されやすい時間帯は22:00~02:00でこの時間帯に睡眠を取っていることが大切です。そして必要な睡眠時間は7~8時間が理想的と言われています。

また睡眠時間が不足していると、食欲抑制ホルモンの「レプチン」が減少し、食欲増加ホルモンの「グレリン」が増加することで食欲のコントロールが難しくなります。そのためストレスホルモンのコレチゾールに分泌により、脂肪吸収を促進させてしまいます。

睡眠時間が短いほど、代謝が下がり、体脂肪を吸収しやすくするため、肥満率も大幅に上がります。

しっかりとした睡眠はダイエットや健康にとって、とても大切なことです。

今の睡眠習慣を一度見直してみてください。必ずダイエットにいい影響を与えていきます!

睡眠不足の方は、生活習慣を変えて、痩せやすく太りにくい体を作り上げていきましょう!


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事